勤怠管理システムの導入にあたって

subpage01

勤怠管理システムの導入にあたっては、いろいろと考慮しておくべき点があります。
単に価格やイメージだけで選んで満足度の高いシステムになるわけでは決してありません。

勤怠管理システムで考慮すべき点は、まずは会社の勤務形態というか就業規則などとの親和性です。
全ての人が定時に出社し定時に退社するような会社であればさして気にする必要はないのかもしれませんが、昨今、多くの会社ではそのようなことはないでしょう。

正社員であっても短時間勤務をしている人もいたり、フレックスタイム制を導入している会社もあるかもしれません。



職場によっては、例えば3交替勤務している工場があるかもしれませんし、営業所などではオフィスに出社することなく直行したり直帰することが認められている職場もあるでしょう。
パートタイマーやアルバイトがいる職場では、その人によって勤務シフトはバラバラということもあります。


これらの種々の勤務形態に対応できる勤怠管理システムでないと、結局最後は人の目でチェックすることになってしまい、システム化の効率は上がりません。また、勤怠管理システムはそれ単独で動かすことは少ないでしょう。


勤務状況はおそらく給料に直結するはずですし、人事にも関係してくるかもしれません。
となると、給料計算システムや人事システムとの親和性も重要になってきます。

BIGLOBEニュースの情報を提供しているサイトです。

ここでもシステム的にデータの受け渡しができないと、やはり人の手を介して入力したりすることになるからです。



関連リンク

subpage02














勤怠管理システムとは

勤怠管理システムとは、従業員の勤務状況、その日は出社していたのか休暇を取っていたのか、出社していたのなら何時に出社して何時に退社したのかを管理するシステムのことです。別に、コンピュータシステムで行うことが必須であるわけではなく、実際、今でも多くの会社がアナログな方法で行っていることかもしれません。...

NEXT
subpage03














クラウド型の勤怠管理システム

勤怠管理システムにもいろいろありますが、大きく分けると、オンプレミス型の勤怠管理とクラウド型の勤怠管理とに分けられます。どちらも、従来からあるような出勤簿への押印やタイムカードへの打刻では得られなかったメリットを得ることができます。...

NEXT