クラウド勤怠管理のメリット

subpage01

勤怠管理というのは企業にとっては極めて重要なものです。


今では、社員に無制限に残業をさせている社会的に会社が高く評価されるようなことは決してありません。

それどころか完全にマイナスで、いわゆるブラック企業とみなされたり、あるいは社員から未払いの残業代を請求されたりすると会社としての信頼感は大きく損なわれてしまいます。

そういう意味で社員の勤怠管理、つまり社員の労働時間を確実に、かつタイムリーに把握することの重要性はますます高まっています。ところが、クラウドではなく従来の紙のタイムレコーダーのようなものでは、確実かつタイムリーという点でなかなか満足のいくものはできません。

タイムレコーダーでは例えば誰かが代わりに操作するという成りすましも可能です。
会社によっては、朝の始業時にレコーダーの前に長蛇の列ができるというのもよくあることです。



しかも、個々の記録をそれを必要とする部門、必要とする人がタイムリーに把握することは困難です。

BIGLOBEニュース情報は必ず役に立ちます。

ある人が残業が増えているから指導しようとしても、タイムリーな指導ができないわけです。



このような点を改善するのがクラウドの勤怠管理です。

クラウドの勤怠管理の場合、最大のメリットは全ての記録が電子化されていることです。そのため、保存、活用が非常に容易で、手間も時間も大きく節約できます。
社内のほかのシステムと連携させることで、例えば給与計算、労務管理などを適正に行えるようにもなります。

関連リンク

subpage02














クラウドでの勤怠管理

勤怠管理をクラウドで行うメリットですが、まずは初期費用が少なくて済むというメリットがあります。クラウドを利用するため、自分の会社でアプリケーションやサーバーを持つ必要がありません。...

NEXT
subpage03














クラウド勤怠管理のメリット

勤怠管理というのは企業にとっては極めて重要なものです。今では、社員に無制限に残業をさせている社会的に会社が高く評価されるようなことは決してありません。...

NEXT