クラウド型の勤怠管理システム

subpage01

勤怠管理システムにもいろいろありますが、大きく分けると、オンプレミス型の勤怠管理とクラウド型の勤怠管理とに分けられます。
どちらも、従来からあるような出勤簿への押印やタイムカードへの打刻では得られなかったメリットを得ることができます。
それは、従業員の労働時間の集計や、給料の計算などを自動的にシステムが行ってくれるというメリットです。

エキサイトニュースの情報を掲載しませんか。

これにより、間違いが起こらず、しかも早く集計、計算を行うことができます。


では、オンプレミス型とクラウド型とは何でしょうか。
どんな違いがあるのでしょうか。どちらもシステム的にコンピュータが集計するのは同じなのですが、コンピュータが集計する以上、そのためのソフトウェアが必要です。



簡単にいうと、オンプレミス型とは自社のサーバーやパソコン内にソフトウェアを持たせるタイプ、クラウド型とは自社のサーバーやパソコン内にはソフトウェアを持たせず、外部のサーバーにあるソフトウェアをインターネットを介して利用するタイプです。一見すると、オンプレミス型のほうが何かと自社にとって都合がよいように見え、実際にオンプレミス型を利用している会社も多いですが、クラウド型にはオンプレミス型にはないメリットがあります。
自社でソフトウェアを持たないことから、導入が早いのです。

いちからソフトを構築する必要がありません。



また、維持費も一般には安いです。


自社でソフトウェアを持つと、自社に合わせてメンテナンスできるものの、いわばカスタマイズとなり、その分だけ費用もかさむからです。

関連リンク

subpage02














クラウドでの勤怠管理

勤怠管理をクラウドで行うメリットですが、まずは初期費用が少なくて済むというメリットがあります。クラウドを利用するため、自分の会社でアプリケーションやサーバーを持つ必要がありません。...

NEXT
subpage03














クラウド勤怠管理のメリット

勤怠管理というのは企業にとっては極めて重要なものです。今では、社員に無制限に残業をさせている社会的に会社が高く評価されるようなことは決してありません。...

NEXT