勤怠管理システムとは

subpage01

勤怠管理システムとは、従業員の勤務状況、その日は出社していたのか休暇を取っていたのか、出社していたのなら何時に出社して何時に退社したのかを管理するシステムのことです。

BIGLOBEニュースならお任せください。

別に、コンピュータシステムで行うことが必須であるわけではなく、実際、今でも多くの会社がアナログな方法で行っていることかもしれません。最も原始的な方法としては単なる出勤簿のようなものです。
その日出勤すれば捺印するといっただけのもので、出勤したか休暇だったのかということは分かりますが、何時に出社したのか退社したのかといったことは管理できません。



全員が朝9時から仕事を始めて夕方5時に終わるような会社、それも従業員数の少ない会社であれば、わざわざ勤怠管理システムのようなものを導入せずとも、このような紙の出勤簿でも十分かもしれません。

あるいは、これも多くの会社が採用していると思われるものがタイムカードです。
タイムカードも一種の勤怠管理システムで、少なくとも何時に出社し何時に退社したかまで分かります。



となると、これが勤怠管理システムの完成形かというとそんなことはありません。時刻が機械的に印字されるだけであって、データが電子的に扱えるわけではないからです。
より高度なシステムでは、これらのデータを電子的に扱うことができます。
ですから例えばある人が今月は何時間働いたのかとか、何時間残業や休日勤務が発生したのかといったことまで瞬時にして集計することができたりするのです。

関連リンク

subpage02














クラウドでの勤怠管理

勤怠管理をクラウドで行うメリットですが、まずは初期費用が少なくて済むというメリットがあります。クラウドを利用するため、自分の会社でアプリケーションやサーバーを持つ必要がありません。...

NEXT
subpage03














クラウド勤怠管理のメリット

勤怠管理というのは企業にとっては極めて重要なものです。今では、社員に無制限に残業をさせている社会的に会社が高く評価されるようなことは決してありません。...

NEXT