クラウドでの勤怠管理

subpage01

勤怠管理をクラウドで行うメリットですが、まずは初期費用が少なくて済むというメリットがあります。


クラウドを利用するため、自分の会社でアプリケーションやサーバーを持つ必要がありません。

そのため初期費用が少なくて済みます。
また、アプリケーションやサーバーの管理を自分の会社でする必要もないわけです。

しっかりとした@niftyニュースの分かりやすい情報はこちらです。

この点に関しては月々一定の管理費用が発生しますので必ずしもメリットばかりではありませんが、特に規模が小さくシステム管理に人員を割くことが難しい会社の場合はデメリットよりもメリットのほうが大きいでしょう。


一方で、勤怠管理をクラウドで行うことにはデメリットもあります。



基本的に共有のアプリケーションをそのまま使うわけですから、自分の会社に対応したカスタマイズということが困難です。



全く不可能なわけではありませんが、一般的には多額の費用がかかることになり、それこそ小規模な会社にとっては現実的ではありません。

ただし、カスタマイズ困難というのは必ずしも自分の会社に適応させることが困難というわけではありません。


アプリケーションソフトウェアの設定を変えるだけで対応可能な範囲もあるからです。そういう意味では、自社の勤怠管理に対応できるアプリケーションでありクラウドであるかを確認しておく必要があります。

また、勤怠情報というかなり重要な情報を扱うことになるわけですから、サーバーのセキュリティなどにも気を使っておきましょう。


関連リンク

subpage02














クラウドでの勤怠管理

勤怠管理をクラウドで行うメリットですが、まずは初期費用が少なくて済むというメリットがあります。クラウドを利用するため、自分の会社でアプリケーションやサーバーを持つ必要がありません。...

NEXT
subpage03














クラウド勤怠管理のメリット

勤怠管理というのは企業にとっては極めて重要なものです。今では、社員に無制限に残業をさせている社会的に会社が高く評価されるようなことは決してありません。...

NEXT